This page is written in (quasi-)Japanese.

目次へ

Praat Launcher [Excel AddIn]

Download

はじめに

概要

Praat Launcher は,Microsoft(R) Office Excel から Praat を起動するためのExcelアドインです.

目次へ

ユーザーの声

〔個人の感想です〕

目次へ

動作環境

目次へ

以下の記述について

目次へ

目次

セットアップ・削除・アップデート

セットアップ・動作確認

このアドインを使用するための準備を行います.大きく次の二つの作業があります.

アドインの登録

以下の手順で,ダウンロードしたアドインを使えるようにします*3 (アドインのダウンロードはこのページの先頭から行なってください).

  1. praat_launcher.*.xla をAddInsフォルダ(デフォルトのアドイン格納フォルダ),または自分で決めた場所(自分が忘れないところ)に置いてください.AddInsフォルダは,作者の環境では以下の場所にあります:
    C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Microsoft\AddIns
    • 注:"Application Data"フォルダは隠しフォルダで,通常は見ることができないようです.エクスプローラーの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブ→「詳細設定」の「ファイルとフォルダの表示」で「全てのファイルとフォルダを表示する」をチェックしてください.
  2. Excelを起動し,以下の手順でアドインリストを表示する.
    • 【Excel 2003, 2004 for mac】Excelメニューの「ツール」→「アドイン」を選択.
    • 【Excel 2007】
      1. 「Office ボタン」をクリック→
      2. 「Excelのオプション」をクリック→
      3. 左側にある「アドイン」をクリック→
      4. 下にある「管理」が「Excelアドイン」となっていることを確認し,「設定」をクリック
  3. アドインリストに"praat_launcher.*"がなければ,「参照」ボタンを押し,ダウンロードしたファイルを置いた場所まで行き,"praat_launcher.*.xla"を選択.
  4. "praat_launcher.*"にチェックを入れ,OKを押す.

以上の「仕込み」をすると,Excelに次のようなメニューが表示されるはずです(Excel 2007の場合,Excelの「アドイン」リボンを選択してください).

menu_plauncher.JPG

アドインメニューが表示されたら, 動作確認の一環として,このメニューの「Help」→「VersionInfo」を選択し,このアドインのバージョンを表示させてみましょう.次のようなボックスが出れば成功です.

(画像未)

ここで,以下の点にご注意ください.

(send)praatの設定・動作確認

このアドインの他に,以下の実行ファイルもご用意ください:

praatは当然として,sendpraatも必要となります(とは言え,sendpraatについての知識は不要です).これらがなければ,ダウンロード&解凍の上,適当な場所に置いてください.

ここで,praatおよびsendpraatの動作確認(および設定)を行ないます.手順は次の通りです:

  1. Praat が起動中であれば,終了させる.
  2. コマンドプロンプト(Windows),またはターミナル(Macintosh)を開く.
    • Windows: 「スタートメニュー」→「(すべての)プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」
    • Macintosh: 「Macintosh HD」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」
  3. 【Macintosh限定(Windowsユーザーはここを飛ばして次へ)】 sendpraat (sendpraat_ppc or sendpraat_intel)に実行属性を与えるため,ターミナルで以下のコマンドを実行(sendpraat のパスは環境に応じて適宜読み替えてください).
    • 例:
      chmod +x /Applications/sendpraat_ppc
      注:このコマンドを実行しても,目に見える変化はありません.
  4. 【praat の動作確認】コマンドプロンプト/ターミナルで以下のコマンドを実行(praatのパスは環境に応じて適宜読み替えてください).Praat が起動すれば成功です.
    • Windowsでの例:
      c:\praat\praat.exe
    • Macintoshでの例(注:ここでは"&"をつけてください):
      /Applications/Praat.app/Contents/MacOS/Praat &
       
      注:Praat起動直後に(「フォントがない」などの)警告が出る場合,このアドインはうまく動きません.警告が出ないよう対処してください.
      (画像未)
       
  5. 【sendpraat の動作確認】Praat を立ち上げたままコマンドプロンプト/ターミナルに戻り,以下のコマンドを実行(sendpraat のパスは環境に応じて適宜読み替えてください).Praat のInfoウインドウに"Hello, World!"と表示されれば成功です.
    • Windowsでの例:
      c:\praat\sendpraat.exe praat "echo Hello, World!"
    • Macintoshでの例(注:single quotationを使ってください):
      /Applications/sendpraat_ppc praat 'echo Hello, World!'

dos.jpg

以上で動作確認は終了です.

4-5でpraat, sendpraatがうまく動かなければ,このアドインもうまく動きません. 意図する挙動を示さない場合,コマンドプロンプト/ターミナル上のメッセージ等を参照しながら,成功するまで試行錯誤を繰り返してください.

目次へ

アドインのアップデート

〔初めて読む方は,この節を飛ばしてください〕

アドインをアップデートする際には,一旦古いアドインファイルを削除してから,改めて新しいアドインファイルをセットアップしてください.

アドインの削除

〔初めて読む方は,この節を飛ばしてください〕

このアドインを使わなくなったら,以下の手順で削除してください.

  1. 以下の手順でアドインリストを表示する.
    • 【Excel 2003, 2004 for mac】Excelメニューの「ツール」→「アドイン」を選択.
    • 【Excel 2007】
      1. 「Office ボタン」をクリック→
      2. 「Excelのオプション」をクリック→
      3. 左側にある「アドイン」をクリック→
      4. 下にある「管理」が「Excelアドイン」となっていることを確認し,「設定」をクリック
  2. "praat_launcher.*"のチェックをはずす.
  3. Excelを終了する.
  4. セットアップ時に置いた実体ファイル(praat_launcher.*.xla)を手動で削除.
  5. 再度Excelを立ち上げる.ここで「(先ほど削除したアドイン)が見つかりません」と出るかもしれないが,OKを押す.
  6. 再度1.の手順に従いアドインリストを表示.
  7. アドインリストに"praat_launcher.*"があれば,それにチェックを入れる.「リスト内から削除しますか」と聞かれるので,「はい」を押す.

目次へ

とりあえず使ってみる

このアドインの機能を知るには,実際に使ってみるのが一番だと思われます.そこで,まずは次のサンプルファイルを使って遊んでみましょう:

サンプルファイル

サンプルは,日本語読み上げ音声(女声)が一文ずつ収録された音声ファイル(*.wav)と,対応するTextGridファイルから構成されます.

sample20101230
  ┃
  ┗sample
    ┃
    ┣ wav
    ┃ ┣ sample1.wav
    ┃ ┣ sample2.wav
    ┃ ┣ sample3.wav
    ┃ ┣ sample4.wav
    ┃ ┣ sample5.wav
    ┃ ┣ sample6.wav
    ┃ ┣ sample7.wav
    ┃ ┗ sample8.wav
    ┃
    ┗ TextGrid
      ┣ sample1.TextGrid
      ┣ sample2.TextGrid
      ┣ sample3.TextGrid
      ┣ sample4.TextGrid
      ┣ sample5.TextGrid
      ┣ sample6.TextGrid
      ┣ sample7.TextGrid
      ┗ sample8.TextGrid

目次へ

実際に動かしてみる

では,さっそくサンプルファイルを使ってPraat Launcherを動かしてみましょう.Praatが起動中でも問題ないのですが,ここではせっかくなので(ありがたみが感じられるように),Praatは閉じておきます.

  1. filesample_luw.txtをダウンロードしてExcelに読み込みます.
    • このファイルは,sample*.TextGridファイルのLUW層の情報(長い単位の語*6)をKWIC形式で表現した,タブ区切りのテキストファイルです.内容は次の通りです(「XXX」で示したフィールドは,当座の目的に関連しないので,説明は省略します).
      • A列:ファイルベースネーム
      • B列:当該KWICキーの開始時刻*7
      • C列:当該KWICキーの終了時刻
      • D列:XXX
      • E列:XXX
      • F列:当該層におけるインデックス番号(ラベル先頭からの連番)
      • G列:前文脈
      • H列:KWICキー(この場合,長い単位の語)
      • I列:後文脈
      • J列:XXX
      • K列:KWICキー逆
      • L列:前文脈逆
    • G列(前文脈)→H列(KWICキー)→I列(後文脈)と横に目をずらしていけば人間が「読める」形式になっています.
    • H列 (KWICキー)→ I列(後文脈)→ L列(前文脈逆)でソート(並べ替え)されています.
  2. Praat Launcherの機能とは直接関連しませんが(その意味では必須の作業ではありませんが),人間が見やすいように,読み込んだシートに次のような加工を施します.
    • G列(前文脈)を右揃え,H列(KWICキー)を中央揃えにし,G-I列の幅を適宜調節します(G列(前文脈)とI列(後文脈)については,全体を表示させる必要はありません).
    • K列(KWICキー逆),L列(前文脈逆)はソート用であって,人間が参照する必要はないので,参照しないJ列とまとめてそれらを右揃えし,さらに人間が読めないくらい幅を狭くしておきます.
    • 他の列も適宜幅を調整します.
      (画像未)
  3. アドインメニューの「Setting」→「SettingSheet」を選択します.すると,"PraatSetting"という名前のシートが新たに作成されます(このシートを以下「設定シート」と呼ぶことにします).
    (画像未)
  4. 同シート1-4行目のD列を,ご自身の環境に合わせて書き換えてください.以下に例を示します.
    C列D列
    Location of praatC:\praat\praat.exe
    Location of sendpraatC:\praat\sendpraat.exe
    Folder containing the TextGrid FilesC:\speech\sample\TextGrid
    Folder containing the Sound FilesC:\speech\sample\wav
    Windowsでの例
     
    C列D列
    Location of praat/Applications/Praat.app/Contents/MacOS/Praat
    Location of sendpraat/Applications/sendpraat_ppc
    Folder containing the TextGrid Files~/Desktop/speech/sample/TextGrid
    Folder containing the Sound Files~/Desktop/speech/sample/wav
    Macintoshでの例
  5. sample_luwのシートに戻り,好きな箇所にカーソル(?)をあわせます.
  6. アドインメニューの「Praat」→「TextGrid+Sound」を選択します(または,コントロールキー(Ctrl)とシフトキー(Shift)を押しながらvキーを押すか,(右)クリックメニューの「Praat:TextGrid+Sound」を選択します).すると,Praatが起動し,TextGridEditorに当該箇所が表示されます.
    • ここで動作確認として次の点を確認しておきましょう.
      • Excelシート上で,今実行した行の文字が青くなっていること
      • 青くなった行のA列をベースネームとするファイル(TextGrid, 音声)がTextGridEditorで開かれ,さらに,B列の値からC列の値までがTextGridEditor上で範囲選択(select)されていること
    • この操作をしてもPraatが起動しない場合,何らかのエラーメッセージが出るはずです.それを参考にして対応してください(先ほど設定シートで設定した値を修正する,など).
  7. Praatで音声・付加情報等を確認をしたのち,Praatを終了します(C-qの後でエンターキー).

以上が一連の流れです.5.に戻って他の行についても試してみてください. また,次のこともお試しください.


別のデータでも試してみましょう.→ filesample_bi.txt

要するにPraat Launcherはどんな仕事をするのか

まとめると,Praat Launcherはこんな仕事をします.

したがって,人間は次のことを行なうことになります.

サンプルファイルに飽きてきたら,以下の記述にざっと目を通した上で,ご自身のデータ(TextGridファイル,音声ファイル)でも試してみてください.

起動用データの作成方法

このアドインの説明を続ける前に一言.以上の記述から明らかな通り,Praat Launcherでは,TextGridファイルと音声ファイルの他に,sample_luw.txtのような起動用のデータ(A列がファイルベースネーム,B列(C列)が時刻情報であるようなデータ)が別途必要になります.この種のデータはいろいろなやり方で作成することが可能ですが(最悪,手で入力してもよい),われらがPraatで作成することもできます*8.上のsample_luw.txtもPraatで作成したものです.

目次へ

【重要】(使用|仕様)上の注意

目次へ

複数のTextGridEditorの起動

■ Praat Launcherで複数のTextGridEditorを開くことができます(Version 1.0.0から仕様変更 *11).

(画像未)

■ ただし「同名のObjectを同時にObject listに載せない」という制約を設けています.

■ とはいえ,同一のファイルを複数のEditorで開けないわけではありません.開こうとするファイルと同名のTextGrid Objectが既にObject listに存在する場合*12,以下のようなメッセージが表示され,

(画像未)

ここで"Continue"を押すと,Object list上のObjectがEditorで開かれます("Stop"を押すと,現在の処理を中止します).

■ 既に存在するObjectの方をEditorで開くことにより,たとえ同一のデータを複数のEditorで開いたとしても,データの整合性が保たれます.

(画像未)一つのEditor上の情報を修正すると,他のEditor上の情報も自動的に修正される.

■ しかし,既に存在するObjectを開くという処理には,次のような別の問題があります:

■ 上に挙げた厄介な問題を回避するため,"Stop/Continue"ウインドウが出たら,(波形を見比べるといった)さしたる事情がない限り,"Stop"を選択し,さらに手動で一旦Praatを終了させた上で,改めてPraatを起動することを推奨します*13

目次へ

ファイル名・パス名における非ASCII文字の禁止 (Windows)

目次へ

一時ファイルの生成 (Macintosh)

目次へ

機能一覧

アドインメニューの項目に沿って,改めてこのアドインの機能をレファレンス風に解説します.既に述べたことを繰り返すところもあります.その他の機能についてもここで述べます.

メニュー(1):「Praat」

概略

(画像未)

目次へ

メニュー項目

アドインメニューの"Praat"の項目に沿って各機能を簡単に解説します.

TextGrid+Sound

TextGrid+Sound[*-left]
TextGrid+Sound[*-right]


Sound
Sound[*-left]
Sound[*-right]


TextGrid

その他

(未)

(画像未)

目次へ

メニュー(2):「Setting」

(画像未)

概略

PraatSetting.JPG

目次へ

設定項目

各パラメータについて,設定シートC列の項目に沿って簡単に解説します.


Location of praat 〔praat実行ファイルの在り処〕
Location of sendpraat 〔sendpraat実行ファイルの在り処〕


Folder containing the TextGrid Files 〔TextGridファイル格納フォルダ〕
Folder containing the Sound Files 〔音声ファイル格納フォルダ〕


TextGrid File Extension 〔TextGridファイルの拡張子〕
Sound File Extension 〔音声ファイルの拡張子〕


Praat Script File(s) 〔スクリプトファイル〕(Version 0.9.4から追加*21


Sound Object Class 〔音声オブジェクトクラス〕 (Version 1.x.xから変更)


Automatic Play 〔音声自動再生〕(Version 1.0.0から追加)

(画像未)

Browse: Preceding Margin 〔表示・前方マージン〕
Browse: Following Margin 〔表示・後方マージン〕

(画像未)

Select: from the Specified Point Minus... 〔選択・前方〕
Select: to the Specified Point Plus... 〔選択・後方〕
Browse: Preceding Margin 〔表示・前方マージン〕
Browse: Following Margin 〔表示・後方マージン〕

(画像未)

Max Time 〔指定時刻最大値〕

Max Duration 〔選択区間最大値〕

この二つは起動時チェックの際に用いられる閾値です*24


Font Color 〔フォント色〕 (Version 1.0.0から追加)

(画像未)

メニュー(3):「Help」

VersionInfo

目次へ

その他の機能

目次へ

ライセンス

目次へ

免責

このアドイン(およびこのページの記述)を利用することによって直接的・間接的に生じたいかなる損害についても,作者は賠償する責任を負いません.

目次へ

お願い

目次へ

連絡先

XXXXXXXXXXXXXあっとgmail.こむ

目次へ

謝辞

(未)

このアドインが音声研究に何がしかの貢献をするとすれば,それはまずもって以下に挙げる方々のおかげです:

これらの方々は,音声学を専攻していない作者(paper phonetician)に,音声について考えるための環境を日ごろから提供してくれています.このアドインの作成に当たっても,数多くの建設的なコメントをいただきました*25

以下の方々には,ベータ版をお使いいただき,貴重なフィードバックをお寄せいただきました:

作者が不慣れなMacintoshについて,

にいろいろご教示いただきました.

末尾ながら(last, but not the least),Praatというすばらしいソフトウェアを開発し,今なお改良を続けている

の両氏にも(勝手に)感謝いたします.

目次へ

変更履歴

(未)

目次へ

付録

以下の記述は,初期状態のまま使う人は読む必要がありません.

付録1:コード書き換え

デフォルトの状態でもそこそこ使えるはずですが(と思いたいのですが), コードを直接書き換えることでさらに使いやすくなるかもしれません.

画像(未)

目次へ

パラメータデフォルト値の書き換え

設定シートで起動パラメータの値をいろいろいじくって,自分にとっての最適値が定まったら,それをデフォルト値にすると便利(日常的な作業では,設定シート作成は不要になる).

  1. 以下の関数を検索(C-f).
    Function ParamSetting(number As Long) As Variant
  2. やたら横に長いこの関数の右端にデフォルト値が設定されているので,これを適宜変更し,保存(C-s).
    (omitted) & "Location of praat                         " & ll & "C:\praat\praat.exe        "
    (omitted) & "Location of sendpraat                     " & ll & "C:\praat\sendpraat.exe    "
    (omitted) & "Folder containing the TextGrid Files      " & ll & "C:\speech\sample\TextGrid "
    (omitted) & "Folder containing the Sound Files         " & ll & "C:\speech\sample\wav      "
    (omitted) & "TextGrid File Extension                   " & ll & "TextGrid                  "
    (omitted) & "Sound File Extension                      " & ll & "wav                       "
    (omitted) & "Praat Script File(s)                      " & ll & "                          "
    (omitted) & "Sound Object Class                        " & ll & "Sound                     "
    (omitted) & "Automatic Play                            " & ll & "OFF                       "
    (omitted) & "Browse: Preceding Margin                  " & ll & "0.7                       "
    (omitted) & "Browse: Following Margin                  " & ll & "0.7                       "
    (omitted) & "Select: from the Specified Point Minus... " & ll & "0.03                      "
    (omitted) & "Select: to the Specified Point Plus...    " & ll & "0.03                      "
    (omitted) & "Browse: Preceding Margin                  " & ll & "1.0                       "
    (omitted) & "Browse: Following Margin                  " & ll & "1.0                       "
    (omitted) & "Max Time                                  " & ll & "1860                      "
    (omitted) & "Max Duration                              " & ll & "60                        "
    (omitted) & "Font Color                                " & ll & "BLUE                      "
    ※文字列の末尾のスペースは見易さのためであり,なくても,またいくつあってもかまいません(右端のダブルクオーテーションの位置を揃える必要はありません).
  3. Excelに戻り,設定シートを削除するか,別の名前に変更する(設定シートの値を読み込まないようにするため).
  4. このアドインからPraatを起動し,意図通り開かれるか確認する.または,メニューからSetting -> SettingSheetを選択し,設定シートで値を確認する.

もちろん,デフォルト値を変更したとしても,新たに設定シートを作成し,それを書き換えることでいつでも(一時的に)設定値を変更することができます.

目次へ

ショートカットキー変更・追加

ショートカットキーのキーバインドを変更する場合

  1. 以下の関数を検索(C-f).
    auto_open()
  2. 以下の記述を適宜(別の言い方をすれば,見よう見まねで)変更し,保存(C-s).
        ' =========================================================
        ' Shortcut Keys
        ' =========================================================
        Application.OnKey "+^{v}", "praat_TGSound"
        Application.OnKey "+^{o}", "praat_TGSound_left"
        Application.OnKey "+^{/}", "praat_TGSound_right"
        Application.OnKey "+^{-}", "praat_Sound"
        Application.OnKey "+^{^}", "praat_Sound_left"
    '    Application.OnKey "+^{\}", "praat_Sound_right"
    '    Application.OnKey "+^{n}", "praat_TG"
  3. Excelを再起動.

目次へ

付録2:最小コード

ここでは,最小限の動作を行なうコードがどのようなものになるかを検討する.

ぐちゃぐちゃとコードを書いているが,大部分は値のチェックである.チェックをしなくても,値が不適切であれば,おそらくPraat側で(fatalではない)実行時エラーが起きるだけのことであって,実害・不便はそれほどないとも考えられるが,ここではできる限りその種のエラーは出さないようExcel側で対処することにした*26

今,値のチェックも設定シートのような仕組みも不要で,もろもろの値を決め打ちできたとすると,最小限の動作(関連するファイルを開いて,指定した区間を表示する)を行なうPraatスクリプトは,例えば次のように書ける.

Read from file... C:\speech\sample\wav\sample1.wav
Read from file... C:\speech\sample\TextGrid\sample1.TextGrid
select Sound sample1
plus TextGrid sample1
Edit
editor TextGrid sample1
Zoom... 0.56205995166484 2.40671800762395
Select... 1.26205995166484 1.70671800762395
endeditor

Praatを起動した後*27,上のコマンドをsendpraatでPraatに一気に送る.

minscriptdos.JPG

C:\praat\praat
C:\praat\sendpraat praat "Read from file... C:\speech\sample\wav\sample1.wav"
                         "Read from file... C:\speech\sample\TextGrid\sample1.TextGrid"
                         "select Sound sample1"
                         "plus TextGrid sample1"
                         "Edit"
                         "editor TextGrid sample1"
                         "Zoom... 0.56205995166484 2.40671800762395"
                         "Select... 1.26205995166484 1.70671800762395"
                         "endeditor"
(※見易さのため,ここでは改行を入れてあるが,本来は2行目以降は1行で書かれる)

または,上のコマンドを一旦ファイルに落とし(仮にminimum.praatとする),それをsendpraatで実行する.

C:\praat\sendpraat praat "execute c:\speech\script\minimum.praat"

Excelでやっていることは,要するにこの種のコマンドを生成し,そのコマンドをshell関数等で実行することである.この動作をするだけ(ただし,カレントシートのA-C列の値は読み込むこととする)のExcel VBA スクリプトは次のように書ける(最小コードと言っても,バイト数の少なさを競う訳ではないので,可読性は考慮する).

(未)mincodepraat.xla

(以下未)

目次へ


*1 世界は広いので,誰かが似たようなことをもっと賢いやり方でこの種の機能を実現していると思うが,ちょっと探した範囲ではこの種のものは見つからなかった.
*2 他の環境では動作確認していないが,Macintoshについていうと,(1) OS <= 9だとおそらく動かない,(2) Mac 2008 for macにはそもそもVBAがないので動かない.
*3 ここに挙げたものが唯一のやり方ではなく,他のやり方--例えばXLSTARTフォルダに置くやり方--も可能だが,ここでは触れない(こちらのやり方の方が簡単だが).
*4 XLSTARTフォルダに類似のアドインファイルがある場合,そちらを削除してください.
*5 『日本語話し言葉コーパス』(CSJ)(添付マニュアル報告書)の「分節音情報」と「韻律情報」に相当する情報を付与している.ただし,ラベリング体系は簡素化している.また,一部の形態論的情報も付与している.
*6 LUW層は『日本語話し言葉コーパス』(CSJ)の「長単位」に相当.またWord層は『日本語話し言葉コーパス』(CSJ)の「短単位」(短い単位の語)に相当する.
*7 開始時刻とは言っても厳密にはその単位の「開始時刻」とは言えない場合がある.
*8 作者は,ちょっと前まではperlを使ってこの種のデータを作成していたが,Praat scriptingの面白さに目覚めて以来,Praat scriptでできることは,それで行なうようにしている.
*9 複数の作業者に対応したものも,このアドインとは別に作成したが,結構大掛かりなものになってしまった.
*10 この種の事態は,実は普通にPraatを使うときでも起きることであり,したがって,この種の事態に対する特別な仕組みはマクロの側には必要ない,と考えることもできるが,このマクロを使うことでそのような事態は起きやすくなる,ということは言えると思う.
*11 0.9.xまでのバージョンでは,複数のTextGridEditorを開くことは明示的に禁止していた.
*12 これはTextGrid Objectに限った話.TextGrid Objectではなく,Sound Object/Long Sound Objectが既にObject listに存在する場合,このようなメッセージなしに,Object listに存在するものを開く.ただし,TextGridとSoundはペアで開かれるのが普通であれば,TextGridの方でこのようなメッセージが表示されることになる.
*13 そもそも"Stop/Continue"ウインドウが出ない場合であっても,さしたる事情がない限り,複数のObjectのペアをObject listに載せることはせず,TextGrid保存(C-s)→Praat終了(C-qの後エンターキー)→Excelシート上で新たに起動(C-S-v),というサイクルを繰り返すことを推奨する.
*14 これはおそらく,shell/cmd.exe (Shift JIS)からpraat (Unicode)にうまく送ることができないためだと思われる.ちなみに,実行ファイル(praat.exeおよびsendpraat.exe)のパスに非ASCII文字が含まれていても問題はない.
*15 最初は一時ファイルを作るのは負けだと思っていたが,だんだん「まあ動けばよいか」という気になってきた.それでも,一時ファイルを作らないほうがよいとは思っている(実際,Windowsでは一時ファイルは作っていない).
*16 TextGridファイルだけ開くという機能にどういう使い方があるか,作者自身にもよくわからないが,簡単に実現可能なので,とりあえず作ってみた.
*17 使用法・環境によっては,コードに規定されているデフォルト値をお使いの環境に合わせて書き換えてしまうことも有効な手段かと思われます(→「デフォルト値の書き換え」).
*18 このことは,一見面倒くさいように見えるが,必ずしもPraat Launcherの欠点とはならないと思う.
*19 Macintosh版Praatにも対応するため,本体名を含めた形で指定するよう変更した.
*20 「日本語文字」とは,より正確には「非ASCII文字」.以下同様.
*21 この機能は,A.U.さんのリクエストにより追加したものである.
*22 このアドインの内部では"Read from file..."コマンドでスクリプトファイルを開いているが,作者の環境では同コマンドで*.pscや*.txtを読み込むことができなかった.
*23 以前は,音声読み込み方法("Read from file..."か"Open long sound file...")を選択するようにしていた.
*24 ただし,これらの値(閾値)が役に立ったことはあまりない.
*25 特にY.I.さんには,(i) sendpraatを使ってpraatにコマンドを送る方法をご教示いただき,さらに (ii) 「設定シート」のアイディアを示唆していただいた.
*26 ただし,ファイル・フォルダの存在チェックをExcel 2004 for macにやらせるとかなり時間がかかるようなので,その種のチェックはPraat側で行なうか,実行時エラーが発生した場合にのみ行なうようにした.
*27 Praatが既に起動している状態でPraatを実行しても問題なし.

Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes